【下関市】驚きの無人カフェが下関に登場!

self caffe下関市竹崎町に、2024年3月に、新しく誕生したカフェは、ドリンクを1杯300円で購入すると、何時間でも滞在可能の無人カフェです。self caffe利用する方との信頼関係に基づいて運営されている驚きのシステムを導入しているようです。self caffeドリンクメニューは、コーヒーとカフェラテがホットとアイスで選べ、self caffeちょっとした休憩にちょうどいい、スナックの自動販売機もあります。self caffeお食事や軽食は持ち込みが可能とのことで、電子レンジも完備されています。Wi-Fiも無料で利用できるというから驚きます。self caffeまた、もう一つの驚きのポイントは、営業時間。なんと朝の4:00から開店で、閉店は10:00。下関駅付近では朝早くから開いているカフェは少ないため、これは非常にありがたいのではないでしょうか。self caffeJR下関駅にも、徒歩15分ほどで到着できるため、始発の高速バスや電車を利用する前に立ち寄るのに便利そうです。self caffeコーヒー1杯で気兼ねなく長居できるのは、多くの利用者にとって非常に魅力的と言えるでしょう。この日も、学生さんや会社員の方、フリーランスの方々が仕事や勉強をしていらっしゃいました。self caffe店内には、二人掛けのソファー席と、カウンター席があり、カウンターには約10人が座れるスペースがありました。self caffe無人カフェという新しい形態は、下関市のカフェ文化に新しい風を吹き込んでいるようです。

self caffe

セルフコーヒーの経営者の方

カフェでは、利用する際は、必ずドリンクを1杯購入し、ごみのお持ち帰りをお願いしているそうです。self caffe竹崎町に誕生した無人カフェを皆さんも利用されてみてはいかがでしょうか。

竹崎町の無人カフェ、セルフコーヒーさんはこちら↓

2024/06/24 09:25 2024/06/25 17:54
猫葉 ね子。

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集